こんなにある!調査の種類と関連用語

人や企業に関わる調査

現代の探偵の依頼として多いのが、「浮気調査」です。
言わずもがな、男女関係で浮気をしているかどうか調べるものです。

似たようなものに「素行調査」というものもあり、こちらはある人物の行動を記録する調査です。
主に、外出や帰宅、立ち寄り先などの行動を追います。

探偵の仕事としてもう1つ知られているのが人探しですが、多くは「行方調査」と呼びます。
家出した人を探したり、何らかの理由でいなくなった人を探してくれます。

行方調査と似ていますが、ある人物がどこに転居したかを調べてくれる「移転先調査」というのもあります。

意外と知られていないのですが、実は企業に対する調査も行っています。
それが「信用調査」です。
業績や、経営状況などを調べてくれます。

嫌がらせを防止!被害を知る

探偵事務所では、大切な人を守るための調査も行っています。

ニュースでも度々話題になる子供のいじめ。
我が子がいじめられていないか、心配になることもあると思います。
そんな時に利用できるのが「いじめ調査」。
対象となる子供がいじめられていた場合、いじめている相手やその証拠、原因を調べてくれます。

また、大きな事件に発展することのあるストーカー被害の調査も行ってくれます。
もともと「嫌がらせ調査」の1つで、特に「ストーカー調査」の場合は依頼人または被害を受けている方に対するつきまといや嫌がらせを立証する調査です。

無くならない犯罪として、盗聴や盗撮があります。
これらの機器が家などに無いかどうか調べる「盗聴器発見調査」や、「盗撮器発見調査」という調査もあります。


この記事をシェアする